Favorite Note
サファヴィー 正面
サファヴィー 背面 サファヴィー 概観 サファヴィー クローズアップ

ペーパーブランクス / Paperblanks


サファヴィー

(ミニフォーマット/横罫)


製本工芸の最高峰と言われる、ペルシャのサファヴィー朝様式。
本シリーズでは、動植物のモチーフや中央のメダリオン、切り抜いた皮革や色紙、金箔の装飾など、サファヴィー朝様式の優美で精緻なデザインを、見事に表現しています。
2011年 登場のシリーズです。

  • ※ この商品はノートです。(ダイアリーではありません。)
  • カバー : マグネット式カバースタイル
  • サイズ : ミニ 100×140mm 176ページ
  • 紙面 : 横罫
  • 販売価格(税込) : 1,870 円  ポイント5%還元(会員向け)
  • ※ ペーパーブランクス 2冊以上のお買い上げで、宅配便送料 無料!(※マイクロフォーマットは除きます。)
  • (※ 詳しくはこちらから)

在庫:
数量:

数量:

105-11-015-02-00

サファヴィー / Safavid Binding Art シリーズについて

サファヴィー シリーズ 古代イスラムが残した数々の至宝の中でも、ひときわ輝く製本工芸。
シンメトリックで上品なラインがその身上であり、14世紀のシンプルな型押しの幾何学模様から、16世紀の複雑極まる構成まで、数世紀に渡って様々な様式が栄えました。

イスラム黄金時代の流れを受けた、ペルシャのサファヴィー様式は、製本工芸の最高峰。
中央に列をなしたメダリオン、四分円、動植物のモチーフ、五角形の折り返し袖、切り抜いた皮革に色紙、金箔が絶妙に配された精緻な装飾を特徴としています。





「ミニフォーマット」ってどのくらいの大きさ?

サファヴィー サイズ比較 ミニフォーマットのサイズは、100×140mm。 これはほぼA6版の大きさです。

サイズのイメージとしては、文庫本をハードカバーとしたような印象。
携帯性に富み、日常のちょっとしたことを記録するメモや、ダイアリーを補完するサブノートといった使い方もしやすいサイズです。

(写真で、商品左のロディアNo.13がA6(文庫本)サイズとなります。)



上質な作りを感じさせる、製本、カバースタイル

サファヴィー マグネット式カバーハードカバーの裏表紙が、巻き込むように表表紙にかかり、マグネットによって固定しています。
吸い付くようにパタン、と閉じる感触は、癖になる心地よさです。

製本方式は、高級ノートに欠かせない糸綴じ製本(※)。
各折り丁を本の背に無線綴じではなく、糸綴じにて製本しています。
このため、耐久性が高く、長期間の使用でもページが散逸することが少なくなっています。

※ スマイス式糸綴じ製本 : ペーパーブランクスでは、ここで採用している製本スタイルを、一世紀前にそれまでの手綴じ製本から糸綴じ機械の開発に成功したスマイス社にちなんで、スマイス式糸綴じ製本と呼んでいます。

裏表紙にはフリーポケット

サファヴィー ポケット 裏表紙の見開きには、フリーポケットがあり、メモなどが収納可能です。
見たいページをすぐに開ける栞紐も付いています。

(※写真の鉛筆は、商品に含みません。)






風合いのある美しい用紙

サファヴィー 用紙 本文には持続可能な森林からのパルプを原料とした、中性紙を使用。
つるつるとした光沢感を持つタイプではなく、自然な風合いでインクの吸収の良い用紙です。

美しい白色はインクの発色も良く、様々なインクを楽しみたくなります。
透かして見ると、高級ノートに使われるレイド紙(※)特有の、簀の目(すのめ)を確認することができます。

比較的厚めの紙ですが、インクフローの多い万年筆等では、滲みや裏抜けの可能性もあります。
万年筆でのご使用を予定されている方や滲み、裏抜けが気になる方は、ご留意ください。

※レイド紙 : 針金で作られた漉き桁で紙を漉くと、紙に微妙な薄厚の差が生じ、簀の目状の模様となります。
このような紙をレイド紙と呼び、高級ノートや便箋等で使われています。

ブランド「Paperblanks」について

カナダのバンクーバーを拠点に、アメリカをはじめ、イギリス、フランス、ドイツ等のヨーロッパ諸国でも非常に高い評価を得ています。

ペーパーブランクスは、世界の優れた芸術品や美術工芸品をモチーフとし、オリジナルの美しさや芸術性を損なわないよう、細心の注意を払ってデザイン、色彩、質感に取り入れています。
また、各製品の最終ページでは、その製品のデザインのテーマや芸術的背景を紹介しています。
製本工程のほとんどは手作業で行われており、美しく精緻なデザイン、丁寧な製本で、他のメーカーとは一線を画するブランドとなっています。

また、本文用紙には、持続可能な森林からのパルプを使用、表紙の板紙にはヨーロッパ産の100%再生紙を使用するなど、環境に対して真摯に取り組む一面も持っています。