Favorite Note
ガラスペン 全体1
ガラスペン ペン先 ガラスペン 全体2 ガラスペン 全体3

伊勢硝子


ガラスペン
豊宮川(透明)


国内のガラス工房、伊勢硝子によるガラスペン。
いつまでも飽きることなくご使用いただける、シンプルなデザインです。

「豊宮川」は、シンプルな無色透明の一本。
ガラスという素材そのものの美しさを感じられるデザインです。

※手作りのため個々の商品は、掲載画像とサイズ、形状等で差異があります。
※掲載画像中のペンレストは、商品に含みません。

  • 種類 : ガラスペン
  • 全長 : 約170〜180mm
  • 軸径 : (最大)約10〜13mm (最小)約4〜6mm
  • 素材 : 硬質ガラス
  • 線幅 : 中字前後〜(太字)
  • (※カタログ上は「細字程度」となっておりますが、当店で試し書きした範囲では「中字前後〜太字」の場合が多いようです。)
  • ※ 手作り商品のため、商品のサイズ、線幅には幅があります。
  • 販売価格(税込) : 6,600 円
    年末・年始 SALE 20%ポイント還元中!!(会員向け)
  • (※この商品は、宅配便送料無料です。)

在庫:
数量:

在庫:
数量:

404-36-001-01-01

伊勢硝子のガラスペンについて

伊勢硝子 ガラスペン ラインナップ 三重県伊勢市、伊勢神宮外宮にほど近い場所に工房を構える「伊勢硝子」。
今回のラインナップは、「素材の可能性」をテーマにデザインされたものです。

持ち手が少し太く、尾部に行くに従って緩やかに細くなるスタイル。
持ち手部分の太さの変化が小さいため、癖が無く持ちやすい形状です。

「豊宮川」と「天照」は、ガラスの透明感を生かした軸。
一方、「常世」と「月夜見」は、透明感を僅かに残した濃い色の軸となっています。
どこか「和」のテイストを感じさせる、落ち着いた雰囲気のデザインです。

ガラスペンのご使用方法について

ガラスペンのご使用方法について、簡単にご説明いたします。
初めてガラスペンをご使用になる場合など、ご参考にしてください。

  • ガラスペンは、ペン先をインクにつけ、ペン先の溝に吸い上げたインクで筆記するペンです。
    (※インクには、万年筆用、つけペン用のボトルインクをご使用ください。)
  • ご使用の際は、まず初めにペン先をインクに浸します。
  • 筆記する際は、鉛筆などと同じようにペンを少し斜めにして筆記します。
  • ペン先の複数の溝には、それぞれインクが溜まっています。
    インクが減ってきたと感じたら、ペンを回して、他の溝のインクを使いましょう。
  • インクの色を変える場合や使用後は、水でインクを洗い流してください。
  • 洗い終わりましたら、ティッシュやキッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

ガラスペンの注意事項について ※ご確認ください

ガラスペンはガラス製のため、乱暴に取り扱うと破損する場合があります。
以下の点にご注意の上、安全にご使用ください。

  • ガラス製のため、無理な力や落下等の衝撃が加わりますと破損する場合がありますので、ご注意ください。
  • 本商品を適正な用途(紙への筆記)以外の目的で使用しないでください。
  • お子様やペットの手の届かない場所で、ご使用、保管してください。
  • 商品の適性上、お子様はご使用にならないでください。
  • 万が一、破損してしまった場合、ガラスの破片で怪我をする恐れがありますので、お取り扱いには十分ご注意ください。
  • 商品の到着後は、直ちに商品の状態をご確認ください。
    万一、配送事故等により商品が破損していた場合は、商品到着後一週間以内に、お問い合わせページもしくはメールにてご連絡ください。